埋没法

このような方におすすめ!

  • 初めて二重の手術を受ける
  • ダウンタイムがあまり取れない
  • 切開の手術には抵抗がある
  • どのような二重が自分に似合うのかわからない
  • アイテープなどを毎日していてまぶたがかぶれている
  • その他多数・・・

料金

細い糸を3本使い、まぶたの端から端までを広く止めていく方法です。
非常に取れにくい、どのようなまぶたの方、どのようなご希望の二重でも対応可能な、当院人気No.1の埋没法です。

両目 ¥178,000
片目 ¥124,000

細い糸を2本使い、広く止めていく方法です。従来の2点止め、3点止めよりも取れにくく滑らかなラインを作ることができます。

両目 ¥138,000
片目 ¥96,000

細い糸を1本使い、まぶたの皮膚に傷をつけずに手術を行うため、当日メイクOKであり、腫れを最小限に抑えることができます。まぶたが厚い方や広い二重をご希望の方では、クイックスクエアダブルをおススメしています。

両目 ¥158,000
片目 ¥110,000

細い糸を2本使い、まぶたの皮膚に傷をつけずに手術を行うため、当日メイクOKであり、腫れを最小限に抑えながら、取れにくい二重を作る方法です。
グランドスクエアと並んで、当院大人気の埋没法です。

両目 ¥228,000
片目 ¥159,000

細い糸を使い、糸を点状に固定していく、従来からの2点止め、3点止め、という方法です。
上記の方法と比べると、やや取れやすいのが難点ですが、予算を抑えたい方にはおススメです。

2点止め

両目 ¥90,000
片目 ¥63,000

3点止め

両目 ¥125,000
片目 ¥87,000

たくさんの症例写真を載せていますので、
ぜひ参考になさってみてください


気になる施術をぐっとお安く受けられる、
モニター募集についてはコチラから


二人で受けるとさらにお安く受けられる、
ペア割についてはコチラから

施術の説明

当院は、二重埋没法に特に力を入れています。

当院院長は年間500例以上の埋没法症例経験があり、遠方から指名で来られる方も多数おられます。
比較的気軽に受けられる手術ですが、ご自身の体のことですので、しっかりと知識はつけておいたほうがよいと思います。

<埋没法を受ける前に知っておきたいこと>

二重まぶたの手術は、大きく分けて2種類あります。

埋没法
糸を埋め込むことで二重を作る方法

全切開法
まぶたを大きく切開して二重を作る方法

この他にも、部分切開法などがあります(当院ではやっていないので説明はナシ)

埋没法は、二重整形の中で最もお手軽で、最も人気のある方法です。
人気の理由は、切開法と比べて、圧倒的に腫れが少なく、お仕事や生活への影響も最小限に抑えることができることに尽きるでしょう。
埋没法はやっているクリニックが非常に多く、情報が溢れすぎてて、受けられる方の側からすると、どこで受けてよいかわからない、という方が多いと思います。

・インスタやホームページに載っている写真を参考にする
・口コミ広場などの口コミを参考にする
・ホームページに載っている医師のプロフィールやクリニックの雰囲気を参考にする

こういう方法で選ばれる方が多いと思いますが、実際選ぶとなるとなかなか大変だと思います。

他のパターンとしては

・友人が、ここで埋没法を受けて、勧められたから
・他の施術(脱毛など)をここで受けているから

というのがあります。こちらの方が情報の信頼性が高いかもしれませんが、少数派です。
やはり一番大事なことは、医師との相性だと思います。それは、実際にカウンセリングを受けてみないとわからないことです。

「あるある」としては、ブログやインスタ写真ですごく印象が良く、「この先生にしてもらう!」と決めて実際にカウンセリングを受けた後、「あれ?イメージと全然違うけど大丈夫?」となったが、今日しか日がないから、などの理由で手術を受けてしまい、後で「なんか納得いかない」となるパターン

そうならないよう、僕はできるだけキャラが伝わるようなHPやインスタを心がけていますが、、キャラが合わない方は最初から僕のところへは来ないでしょうし(キャラがめっちゃ合う人は少数でしょうが・・・)、いざカウンセリングに来てみても、疑問点などあれば遠慮なく教えていただければ幸いです。

来院前の印象、来院後の印象など、全てに納得がいった状態で手術を受けられるのが理想だと思います。

<二重まぶたになるしくみ>

手術の説明の前に、まずはまぶたの構造について説明をしていきます。

まぶたの断面図は下のようになっています。
図のように、まぶたの中は何層もにわかれています。

これらの構造物の中で、目を開く時に大切なのは、眼瞼挙筋瞼板の関係

目を開く時は、まぶたはこういう動きをします。閉じるときはこの逆。

そして、一重の人と二重の人のまぶたの構造の違いは・・・

図のようになっています。この、「線維性のスジがあるかないか」がポイントです。

一重の人が目を開けるときは・・・

線維性のスジがないため、目を開けるとまぶたの皮膚がまつ毛の上にそのまま乗っかってきます。

それに対して、二重の場合は・・・

線維性のスジがあることで、皮膚にくびれができ、二重になります。
これが二重になる原理です。

では、一重の人がどうやって手術で二重になるのか・・・

今回は埋没について説明します。

線維性のスジのかわりになるものとして、糸を埋め込みます

そうすると、

あら素敵!!

目を開けた時に糸がひっかかって皮膚にくびれができ、そこで二重になります。

このように、糸を埋め込むことで、一重の人でも二重のようなくびれを作ることができるのです。

<当院で行っている埋没法について>

埋没法の基本は全て上記の内容です。ただ、糸をかける本数やかける位置などを工夫することにより、より取れにくい埋没法、より腫れにくい埋没法、など、いくつかの方法を当院では行っています。

下記の施術詳細ページをご覧ください

ただ、説明を読んでもやっぱりよく分からない、という方もおられます。
(かなりおられます)
カウンセリング前にどの方法にするかを決めておく必要は全くありません。カウンセリングでゆっくりと説明をしますので、ご安心ください。

カウンセリングまでに・・・

・どのような二重になりたいか
・切開と埋没のどちらがよいか
・ダウンタイムがどれぐらい取れるか
・予算はだいたいどれぐらいか
・手術をするならいつ頃にしたいか

あたりをなんとなくイメージしておいていただけるとよいでしょう

下記リンクでは、埋没法をはじめとした目元の手術についての
詳しい説明をコラム形式で見ることができます!
ぜひご覧ください!

当院の目元手術のすべて

一般的な経過

腫れ

埋没法は切開手術と比べると腫れは少ないですが、少しは腫れます。
術式や個人差によって違いはもちろんありますが、おおまかな目安としては・・・

術後1週間 メイクをすればある程度ごまかせるが、狙いの幅よりまだ広い。左右差もまだ残る時期。
目を閉じたときの食い込み感やぽつぽつ感はまだ強い。
術後1か月 メイクをすればほぼ問題ないが、メイクをしなければまだ少しむくみ感がある。
目を閉じたときに若干の食い込み感が残っていることが多い。
術後3か月 ほぼ完成。
食い込み感もほぼ気にならなくなる。
内出血

二重のラインに沿って少しだけ出る場合や、まぶた全体に広がる場合まで、程度には差があります。最初は赤い色が徐々に紫色になり、黄色くなって消えていきます。重力に従ってまつ毛の生え際に内出血が移動してくると、一時的に濃くなったように見えることもあります。
通常、1〜2週間程度で消失します。
まぶたが厚い人、幅の広い二重を作る人、手術中に力が入ってしまった人、などは腫れ、内出血は出やすい傾向にあります。

痛み

施術当日、翌日に少し引っ張られるようなお痛みが出ることがあります。痛み止めをお渡ししますので、気になる場合は我慢せず服用ください。

このような症状が出ることがあります

希望の幅より広い(狭い)、
左右差が気になる

腫れ、内出血の影響によることがほとんどで、時間が経つにつれて徐々に改善してきます。目安として1か月程度は様子を見ていただくことをおすすめします。3か月程度様子を見てもやっぱり気になる場合は、再手術を行うこともできます。(保証期間あり)

目を閉じた時の食い込み、
ポツポツした感じ

腫れが残っている間は、目を閉じた時の食い込み感が気になることがあります。腫れが引くにしたがって少しずつ改善していきます。糸の部分がポツポツと膨らんだ感じがすることがありますが、数か月するとほとんど目立たなくなってきます。

ラインが消える

埋没法の場合、時間が経つにつれて少しずつラインが浅くなり、消えてしまうことはあります。まぶたの厚い方、幅の広い二重をご希望の方は消えやすくなります。
保証期間内であれば、保証でかけ直しをすることができます。

埋没糸が透けて見える

埋没法で使用する糸は通常青い色がついています(抜糸する時に見つけることができるように)。まぶたが薄い方では薄く透けて見えることがありますが、ほとんどの場合数カ月から1年程度で目立たなくなってきます。

埋没糸が露出する

皮膚が薄い方などでは、埋没した糸がまぶたの皮膚側に出てくることがあります。そのままにしておくと、感染や傷跡の原因となります。
埋没糸がまぶたから露出した場合、埋没糸の抜去が必要となりますので、早めにご来院ください。

炎症、しこり

埋没した糸のまわりに炎症が起こり、ニキビのように赤くなって腫れることがあります。自然に治ることが多いですが、軟膏による治療が必要になることがありますので、早めにご来院ください。軟膏で改善しない場合、繰り返す場合、抜糸してかけ直しが必要になることもあります。

施術前の注意事項

アイプチなどでかぶれが強い場合は手術できないことがあります
まつエクは外しているほうが望ましいですが、外してなくても手術はできます
(手術中に引っ張るのでまつエク何本か取れるかもです)

生活の注意事項

洗顔は翌日より可能です。
シャワー(目元)、アイメイク、コンタクトレンズは最低48時間はあけましょう
(クイックスクエア、クイックスクエアダブルに関しては、当日よりメイク可能です)

お酒は飲んでも仕上がりには影響しませんが、腫れますのでほどほどに・・・

施術時間

約20分