全切開二重術 その1

Season 1では埋没法について説明してきました。

二重の手術には、埋没法の他に切開法があります。2つの違いについて説明しましょう。

<埋没法>
糸をまぶたの中に埋め込んで二重のラインを作る、切らない二重手術

<切開法>
まぶたを切開して、直接縫い付けることで二重のラインを作る方法

直接縫い付けるとは、どういう感じかというと・・・

このように、直接まぶたの中を縫合することで、しっかりとした癒着を起こすことができ、取れないラインができあがります。

埋没の場合は、下の絵のように糸でひっかけてあるだけで癒着はほとんど起こりません。

同じ二重でも、まぶたの中の構造が埋没後と切開後ではだいぶ違うのがわかると思います。

ちなみに、上の絵では切開後の二重のラインがかなり食い込んでいるように見えますが・・・実際、手術してすぐは結構食い込んでいます。

術直後

術後1週間 抜糸直後

術後1か月

術後3か月

このように、徐々に食い込みは改善し、3か月程度すればかなり落ち着いてきます。

切開二重術のメリットとして

①取れない
ただ、絶対取れないというわけではなく、術後、癒着がしっかり起こる前に強い力がかかったり、あまり無理な幅を狙いすぎたりすると切開でも取れることはあります。

②脂肪や皮膚を切除できるので、まぶたが厚い方にもしっかりしたラインを作ることができる
これが全切開を行う一番の理由かもしれません。まぶたが非常に厚く、埋没ではすぐに取れてしまいそうな方や、過去に埋没を行って取れてしまった方の場合、皮膚や脂肪をしっかり切除することで無理のない二重を作ることが可能になります。

デメリットとして

①ダウンタイムが長い
2週間ぐらいは強く腫れ、1か月程度である程度落ち着き、3か月程度でメイクすればほぼ問題ないぐらいまで回復します。内出血も落ち着くまで2週間程度はかかるでしょう。お仕事などの都合をしっかりと考えて手術の時期を決められるのがよいと思います。

②傷が残る
上の写真のように、ほぼまぶたの端から端までの傷ができます。最終的にはかなり薄くはなりますが、線状の傷は残ります。皮膚の薄さや状態によってはやや目立つこともあります。

③幅の変更、修正が困難なことがある。元の目には戻せない
幅の広い二重を作る場合、確かに全切開のほうが取れない、きれいな二重を作ることができますが・・・あまり幅を欲張り過ぎて、術後、思ったより広かったので狭くしたい、となった時、皮膚に余裕がなければ狭くできないことがあります。
また、傷ができてしまうので、埋没のように糸を取れば元の目に戻れる、ということはないのでそこも注意が必要です。

以上のように、埋没とはちょうど真逆の特徴があります。

僕が基本的に最初の手術の時は埋没をおススメしているのは上記デメリット③が主な理由です。

「切ってしまえば何もかも解決する」と考えている方も多いですが、決してそう簡単ではないので慎重に考えましょう。

全切開二重術 その2 へ進む
当院の埋没法、二重手術のすべて
トップへ戻る