ヒアルロン酸溶解注射

料金

当院で入れた
ヒアルロン酸を溶かす
¥20,000
他院で入れた
ヒアルロン酸を溶かす
¥30,000

(1本当たりの価格)

施術方法

ヒアルロン酸を注入したが、膨らみすぎている、不自然に見える、などの理由で元に戻したいという場合、ヒアルロン酸溶解注射を使用することができます。

ヒアルロン酸溶解注射の特徴として、不純物が多く、アレルギー反応を起こしやすい、というものがあり、強くアレルギー反応が出た場合、アナフィラキシーショックを起こす危険もあります。

当院では、不純物を可能な限り取り除いたヒアルロン酸溶解注射、HIRAXを使用しています。
HIRAXは、製造工程において不純物を大幅に減少させる工夫をしており、アレルギー反応のリスクを最小限に抑えています。

必要な本数は、注入部位、今までの注入量、範囲などによって異なってきます。カウンセリングで診察後、必要量をご提案いたします。

必要量の目安

注入したヒアルロン酸1.0ccに対してHIRAX1本(あくまでも目安です)

一般的な経過

HIRAX注入直後は、注入した液体の量の分だけ腫れています。通常はこの時点ですでに溶解が始まっており、ヒアルロン酸が入っていた部分が柔らかくなり始めています。
腫れは数日間で治まってきます。
内出血が出てしまった場合、消失まで2週間程度かかります。

このような症状が出ることがあります

強いアレルギー反応(アナフィラキシーショック等)が出た場合、緊急処置をさせていただく、救急病院への搬送をすることがあります。

注意事項

注入してかなり年数が経っている場合、何回も注入を繰り返していた場合、ヒアルロン酸の周りに固い膜が形成されていることがよくあります(被膜)。そのような場合、ヒアルロン酸溶解注射は被膜まで溶解することはできないため、ふくらみ(しこり)があまり改善しないことがあります。

持続期間の長いヒアルロン酸(クレヴィエルなど)は、溶解まで時間がかかる、または溶解しにくいことがあります。

レディエッセ、アクアミドなど、ヒアルロン酸以外の注入物を溶解することはできません。

施術時間

約10分
施術後、30分程度クリニックで状態を観察し、問題ないことを確認してからお帰りいただいています。

よくある質問

Q:溶解注射後、どれぐらい経ったら同じ部位にヒアルロン酸を注入することができますか?
A:溶解してすぐにヒアルロン酸を入れると、入れたものがまたすぐ溶けてしまうので、当院では1週間あけてから再注入をさせていただいております。